ページの上へ移動

吉田正美 公式WEBサイト

Mooves&Manners

ブログ ブログ

和して同ぜず

和して同ぜず

古事ことわざ辞典によると

「人と同調はするが、主体性を失うようなことはしないということ」

「論語・子路」で孔子が説いた。

「君子は和して同せず、小人は同じて和せず」から

 

私は「和」の漢字が好き。「和合」など、ハーモニーの意味あいがあるから。

いつも、ハーモニーを大切にしたくとも

ビジネス、コミュニティといった年齢層が幅広い場や

立場が低い時には、付和雷同が得策の場合があるので難しい。

大切な家族、友人、恋人には

間違いは、間違いであると正したいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

吉田正美の著書紹介

ご相談・お問い合わせ